1年ぶりの撮影会(谷根千~上野~品川)

こんにちは、福家です。

7月に入り、だいぶ暑くなってきました。

ちょっと歩けば汗が噴き出す面倒な季節ですが、夏というのは花火があったり、お祭りがあったり、海が絵になったり、なかなかフォトジェニックな時期です。

写真をやっている者としては、いい季節ですね。

桜とか紅葉もいいけれど、写真の旬は夏だと思っています、個人的に。

そんな季節に、Detourも集まらないわけにはいかないので、およそ1年ぶりとなる撮影会を行いました!

昨年の撮影会の様子は、こちらからご覧ください。灼熱の鎌倉・江の島での撮影会の様子が書かれています。

今回の撮影会は海ではなく、東京を舞台にしてみました。

まず最初は、西日暮里駅に集合し、谷根千エリアを散策します(シブい)。

谷根千というのは、谷中・根津・千駄木という3つの下町エリアを指す名称です。

何本かある商店街には、昔からそこでお店を構えているのであろう総菜屋さんや雑貨屋さんなどが所せましと並んでいます。

日曜日ということもあり、かなり人がたくさんいました。やはり人気なスポットのようです。

アイスとか、コロッケとか、たい焼きとか、食べ歩きによさそうなグルメが軒先で売られていました。美味しそうだったなぁ。

我々一行は食べ歩きはせず、一通り撮り歩いた後にカフェで休憩。

カフェでカメラを並べながら、みんな使う機材が変わったねぇという話で盛り上がりました。

カメラを始めてから、今年で4年目。最初と比較すると、こんなに変わりました。

大城の機材

EOS Kiss X4 + TAMRONの高倍率ズーム(18-270mmかな?) ⇒ EOS 6D + EF24-105mm F4L IS USM

高谷の機材

D3200 + TAMRONの高倍率ズーム(18-270mmかな?) ⇒ D750 + AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

箭内の機材

K-30 + smc PENTAX DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL [IF] DC WR ⇒ SIGMA DP2(初代)

福家の機材

EOS Kiss X5 + 30mm F1.4 EX DC HSM ⇒ EOS 7D2 + EF 70-200mm F2.8L IS USM & RICHO GR2

「エントリー機とズームのキットレンズ」という組み合わせだったのが、月日を経てだいぶ個性のでるラインナップとなりました。

写真が好きなのはもちろんですが、カメラ好きもやめられないものです。

体力が回復したところで、谷根千から上野へ移動。

そしてここで、仕事絡みで午前中は来られなかったリヌスが合流。久しぶりに5人揃いました!

こちらは高谷が撮影した写真。

D750の35mmセンサーとマイクロレンズ(危うくマクロレンズと書くところでした)の組み合わせがいい味を出していますね。

上野では、主にアメヤ横丁を散策。

個人的に撮影したことある部員はたくさんいますが、みんなでアメ横に行くのは初めてでした。

とにかく人が多い!

前に進むのも難しいほど、たくさんの人でごった返していました。カメラを構えるのも一苦労。

特に私は、この時すでにGRの電池が切れてしまい、70-200mmの白レンズで撮らざるを得なかったため大苦戦しました笑

外国人の観光客もかなり多いですね。

東京はどこに行っても外国人が増えているとは思いますが、その中でも上野は多い気がします。多国籍な地域です。

一通り上野を撮り終えたあと、リヌスは別の用事があったため解散。

再び四人で撮影をします。

最後に我々が向かったのは、品川駅から20分程歩いたところにある、品川ふ頭。

品川ふ頭自体は工場地帯なのですが、海沿いでかつあまり人通りが無いので、レインボーブリッジの夜景を狙ったりするのに絶好のスポットのようです。

ですが、夜景を撮るには早い時間帯だったので、人がほとんどいない開けた場所を使って、それぞれ思いおもいに撮影をしました。

こちらはポートレート撮影をする高谷とモデルの大城。

工場が集まっていることもあり、夜に来たらまた面白そうな場所です。

そんなこんなで、たくさん歩いた撮影会もここまで。

一人で撮るのももちろん楽しいですが、やはりこうしてみんなでふらふら「よりみち」しながら撮り歩くのが自分の写真の原点のような気がします。

頻繁には集まれなくても、たまにこうしてみんな一緒に撮りに行く機会を作りたいと思います。

そしてまたいつか、写真展も必ず。

その時に向けて、これからもコツコツと撮りためていきたいと思います。


Featured Posts
Recent Posts