夏合宿@南東北~Day 3山形

August 29, 2014

ここ最近、関東でもかなり気温が下がっていますね。

 

自分は東京某所のラーメン屋でアルバイトをしているのですが、最近はつけ麺のオーダーが減ってラーメンがぐっと増えています。寒い時はやはり、つけ麺よりラーメンですからね。

 

この間の東北もかなり寒かったです。長袖を羽織って、ちょうど良いくらいの気候でした。

 

もう夏も終わりに近づいているのでしょうか。

 

 

さて、南東北撮影旅行もいよいよ大詰め。

 

最終日の山形での様子は、福家がお送りしたいと思います。

 

 

三日目の8月27日は宮城から山形へと移動し、

 

・山寺(立石寺)

・銀山温泉

 

の二か所を訪れました。

 

山寺は文字通り山の中にあるお寺で、頂上の奥ノ院にたどり着くまでに千段以上の階段を上らなければならないという、歩くのが大好きなDetour部員たちにとっては絶好のスポットです笑

 

また、かの松尾芭蕉の有名な一句

 

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」

 

が、したためられた場所としても有名な場所であります。

 

 

銀山温泉は、言わずと知れた、日本有数の温泉街です。

ジブリ映画の「千と千尋の神隠し」に出てくる「油屋」という湯屋のモデルになった旅館があるという噂も流れていたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

 

さて、

 

 

仙台から一時間半ほど車を走らせると、山寺のふもと、登山口に到着します。

ふもと辺りは、一部観光地化されたお店もみられますが、ほとんどが昔ながらの渋いお食事処だったりお土産屋さんだったりが並んでいて、なかなか風情がある町並みでした。

 

登山口の階段をまず上がると、いくつかのお堂や神社が並んでいて、それらを通り過ぎると本格的な "登山"のスタート地点である山門が見えてきます。

(お寺の敷地内に神社があるというのもなかなか興味深いですが、詳細は不明です)

 

山門で拝観料300円を支払うと、いよいよながーい階段の始まりです。

 

 

 

こちらは前を歩いていた人の写真ですが、前かがみになって大きく腕を振らないとやってられないほど、長い階段が続いているのがお分かりいただけるでしょうか。

最初は撮影をしながら登っていたDetour部員も、徐々に上るので精いっぱいになり撮影どころではなくなる始末に笑

 

しかし、頂上につき五大堂から外を眺めてみると…!

 

 

視界を遮るものが何もないので、ふもとから遠くの山の方までまさに一望できるのです。この写真だとイマイチ伝わらないか…

 

こういう場所に来ると、フルサイズのカメラと良い広角レンズを持っていたらなぁとつい考えてしまいます。やっぱり、APS-Cだとワイド端の画角と解像度に限界を感じますから。もちろん、自分の腕が足りないという理由も十二分にあるのですが…笑

 

とにかく、ぜひ皆さん自身の目で確かめてもらいたい絶景です。山形行ったら山寺!お忘れなく!

 

一通り絶景を堪能した後は、ふともまで降りて(当たり前ですが、やはり階段です)、お食事処で昼食に。

みんなでそばと炊き込みご飯のセットと、山形名物のゲソ天(イカげその天ぷら)を頂きました。

どれもこれもおいしかったのですが、個人的には特にゲソ天にびっくり!イカが新鮮なのか、柔らかくて甘味が強いのです。

 

その後、僕以外の三人は、ずんだ味やサクランボ味などのご当地ソフトクリームを別のお店で注文。

その間僕は、

 

「こんな寒いのに、よくアイスなんか食うよな…」

 

と思いながら、ソフトクリームをなめる三人を眺めてました笑

 

 

 

お腹がいっぱいになったところで、山寺から銀山温泉へ。

 

こちらも車で一時間半ほどでしょうか。

 

 

福島の東山温泉とはまた違った雰囲気をまとっています。本当にもう、いい意味で絵にかいたような温泉街です。やっぱり広角レンズ欲しいなぁ。

 

宿が並んでいる通りを撮影しながら歩いていくと、「銀鉱洞」なる場所へ向かう道を発見。

銀山温泉というくらいですから、昔は銀がとれたのでしょう。さっそく、より道開始です。

 

山道を10分前後歩いていくと、何やら怪しげな洞窟のようなものを発見。銀鉱洞の入り口に到着しました。

 

しかし、なんか暗いし、「落石注意」とか書いてあるし、中からコウモリのような何かが出てくるしで、ビビッてなかなか奥に進めなかったDetour部員ですが、ちょうどタイミングよく銀鉱銅の中から三人家族が出てきて、中の様子などをいろいろ話してくれました。

 

とりあえず怖いものは何もいないことを確認できたDetour部員は、恐る恐る中へ。

 

すると…

 

 

 

銀がとれていたという場所が幻想的にライトアップされていました!暗い中でしたが、ノイズ覚悟で感度を上げて撮影。なかなか見ごたえがありました。

 

 

その後温泉街に戻り、日帰り温泉に浸かっていると、とうとう帰る時間に。。。

 

三日間丸々費やしましたが、本当に時間が経つのがあっという間でした。

 

後ろ髪をひかれながらも、車で山形駅へ向かい、山形郷土料理とお酒と山形ラーメンを堪能した後、夜行バスに乗車。

 

早朝5時40分頃に無事新宿に帰ってきました。

 

 

 

 

というわけで、南東北の三県を三日かけて回ってきましたが、三日じゃ足りないほどにどこも魅力的で、本当に充実した旅となりました。

 

だれもけがや病気をせず、たくさん写真を撮って帰ってこれたので、本当によかったです。

 

秋は写真展の準備などで忙しくなるのでDetourとしての撮影会がどれくらい行えるかわからないのですが、みんなの都合があう時には一日でも撮影会に行こうと思うので、その時にはまたブログを更新したいと思います。

 

お疲れさまでした!

 

(東北、また行きたいなぁ(-。-)y-゜゜゜)

 

Please reload

Featured Posts

12月の写真展用のDMが完成しました。

September 26, 2014

1/4
Please reload

Recent Posts

May 17, 2016

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic

写真家集団 Detour© 2014.Monami.

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
You Make It Easy - Two Spot Gobi
00:00 / 00:00
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now